ハウスクリーナーが語る洗剤のすべて

お家掃除のプロ、ハウスクリーナーが洗剤について指南します

ハウスクリーナーが語る洗剤のすべて

自分で、自力で住まいを綺麗に保つには、「洗剤」が欠かせません。ところがこの洗剤、実に様々な種類があります。食器洗い用の洗剤、衣服用の洗剤、トイレ用に、浴室用、住まいのあらゆる場所ごとに、専用の洗剤が販売されていて、洗浄力と性質に差があります。そして私たちは、洗剤の目的でもある、汚れを落とす効果を最大限に発揮するため、どんな洗剤を選べばいいのか、用途に応じて使い分ける必要があるのです。

なぜこのように、洗剤が用途別に分けられているのか、それにはちゃんと理由があります。それは、必要最小限の洗剤で、必要な汚れを落とすことです。

まめにお掃除をしている場所は、それほど強力な洗剤を利用する必要はありません。ですが、たまにしか掃除をしない場所であれば、当然汚れは多くなり、強い洗剤でなければ汚れが落ちない場合があります。洗浄力が強すぎる洗剤を使えば、当然汚れは落ちますが、材質を痛めてしまうこともありますし、また、人や環境に悪影響を与えてしまう事もあります。いくらきれいにしたいからといって、不必要に強い洗剤を使ってしまうのは考え物だというわけです。これからハウスクリーナーから見た、洗剤を賢く使うための基本的な知識を紹介していきますので、ぜひ参考になさって下さい。

ハウスクリーナーが語る洗剤のすべて

基礎講座・そもそも「洗剤」とは何か?

基礎講座・そもそも「洗剤」とは何なのかを知りましょう

実践講座・建材によって洗剤を使い分ける

そもそもどうして、建材によって洗剤を使い分けるのか